スマートタイムカード

iBeaconとも連動可能なシンプルなタイムカードアプリ

スマホとビーコンを利用して社員の正確な出退勤を記録するアプリです。
働き方改革で社員の出退勤について客観データの取得が求められています。
スマートタイムカードなら正確に打刻でき、また煩わしい勤務表の入力を簡単にできます。
アプリからCSVファイルを出力して、既存の勤怠システムと連携することが可能です。



客観的方法による労働時間の把握が必要

働き方改革

 働き方改革により、労働局から社員の正確な出退勤時刻を把握するよう指導がなされています。

 自社(社屋/フロア)にいる社員はもとより、顧客先に常駐して普段は自社にいない社員についても、適正な労働時間で働いているか、会社として把握する必要があります。

顧客先常駐案件の増加

 企業の情報漏洩対策が強化され、IT系ソフトウェア受託開発業務においても、自社での案件持ち帰りができなくなり、顧客先でのオンサイト作業が増えてきました。

 ほとんど自社にいない社員が増えています。

既存システムの煩わしさ

 操作が煩わしく、また改ざんや不正が容易な勤怠管理システムが多く見受けられます。

 正確なデータを取得し分析することが社員を守ることにつながります。

働き方改革が必要




製品概要

ユーザの打刻操作が不要

 ユーザはスマートフォンアプリをインストールして携帯するだけ。ビーコンのそばを通ると時刻が記録されます。

 同一日に最初に記録した時刻を出勤、最後に記録した時刻を退勤として、自動的にアプリに記録します。

 ユーザが「出勤」「退勤」ボタンを押すなどの操作は必要ありません。

 ※ビーコンがなくても勤怠入力アプリとしてお使いいただけます。

勤務表データは修正可能

 スマートフォンで記録された勤務表の時刻は画面から入力、修正ができます。

 ※勤務表データとは別に、ビーコンと反応した時刻がログとして記録されます。

導入が簡単、どこでも利用可能

  ビーコンは小型、軽量で、電池で動作します。あらゆる場所に設置可能です。

スマートフォンからサーバに連携

 打刻されたデータは、スマートフォンからサーバにインターネット経由で送信できます。任意のタイミングで送信可能です。

 作業場所に新たに通信回線を敷設する必要はありません。

 サーバに送信する打刻データは、CSV出力が可能です。表計算ソフトで確認することや、既存の勤怠管理/給与管理システムなどに連携可能です。

【システム概要】

スマートタイムカード概要図




【スマートフォン画面】

スマホ画面




こんな方にオススメ

  • 勤怠管理システムはあるが、正確な労働時間が入力されているか把握していない
  • 社員の出退勤時刻を記録したい
  • 社外に常駐している社員の労働時間も把握したい
  • 紙のタイムカードはあるが、転記が煩わしい
  • 在席・離席の管理を行いたい
  • GPSで位置情報を常に把握されるのは抵抗がある




スマートタイムカード導入例

導入例

出退勤をビーコンで打刻

ビーコンの付近にアプリをインストールしたスマートフォンが近づくと、スマートフォンが反応します。
正確な出退勤データを取得できます。

勤怠データはアプリ上で修正が可能です。

勤怠管理システムと連携

既存の勤怠管理システム(Web)にアプリの打刻データをCSV形式で取り込みます。

ユーザは勤怠実績入力の手間が大幅に削減できます。

随時、上司がリアルタイムに部下の労働時間を把握することができます。

正確な労務管理と給与支給

社員の労働日ごとの出退勤時刻を確認し、それらを記録することで、労働時間の適正な把握が可能です。

正確な勤怠データを入力することにより、正確な給与支給が行えます。

 




主な機能と動作環境

スマートタイムカードの主な機能

  • スマートフォンを携帯してビーコンのそばを通ると自動的に勤怠データとして出退勤時刻が打刻されます。
  • 出退勤時刻はアプリ画面から修正可能です。(出退勤時刻とは別にビーコン検出時刻は修正不可のログとして記録されます。)
  • 長時間残業をするとアプリが警告を表示します。
  • 勤怠データはCSVファイル形式で出力可能です。アプリからメールで送信することができます。
  • アプリが検出したBluetoothを一覧で表示し、その中から選択してビーコンを登録することができます。(Android版のみ)

動作環境

iOS

iOS 11.0 以降

Android

Android 5.0 以降

ダウンロード